スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2010.09.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ミッシングリング。


今日買ったコミックス2冊。

『ライダー』は掲載誌の休刊で移籍&改題して再スタート。ここに来てちょっと時代を戻して2号ライダーの襲名話に。ルリ子さん登場に歓喜。
言われてみれば一文字隼人がなんで改造人間になったかって劇中では全然描かれてませんでした。石ノ森原作と14話劇中の一文字のわずかなセリフと当時の幼年誌の情報を総合して、

『カメラマンだったが本郷ライダーへの対抗兵器として改造。しかし脳改造前に本郷に助けられ、ヨーロッパへショッカーの別計画を追って旅立った本郷の代わりに日本の守りに就いた』

ってことで「ああそうか」とみんな納得してたんですから大らかというか大浦可奈子というか。
んで、そこにどんな物語があったかというのが村枝流解釈で今回描かれております。

わかっていても燃えますね。うんうん、平成の連中にはこういう魂に訴える感覚ないしね。まああっちは好きにやっててください。
巻末の、村枝先生と佐々木剛・千葉治郎両氏のロケ地旅行も感涙。

そういやこのマンガではルリ子さんどうなるのかな…。平山プロデューサーが後に文章化した、『ヨーロッパで本郷が緑川博士の弟子だった青年科学者カールに託した』ってのだけはものすごくイヤなんですけど  (ノ`Д´)ノ彡┻━┻
昭和ライダーの設定上いわゆるハッピーエンドは無理なのは分かりますけど(スーパー1とか見るとそうでもないか?)、それじゃ栄光の初代ヒロインなのになんかね。第一ルリ子さんらしくないし。はてさて…?

『マップス』の方は以前7巻をレビューしましたが、新刊登場。ああ、やっぱリプリリスってリム(の再生体)だったのね。早く元の記憶を取り戻して前作のようなお笑いポジションに戻ってくれると良いのですが。
おお、ラストでリプミラ号登場!ゲンとリプミラの登場はあるのか!期待が膨らむ!…ってWEB連載の方でとっくに結果出てるんでしょうけど…あえて読まずに単行本待つのも手だと思う…けど気になるなあ…!

ってことで今日はι(´Д`υ)アツィーじゃなかった熱いハートに火をつけてくれる寒い時期にオススメのマンガレビューでした。

3.5期ではないみたい。

尼から絶望先生のDVD付き最新刊が届きました。
今回のはアニメ3期『懺』の『番外地』というタイトルなので『獄』のように2.5期というような位置づけではないみたいです。
今回のDVDにはちょうど今回の第19集に収録されている話のアニメ版が2本入ってるのでその意味でも楽しめます。千里の姉・多祢も登場して良かった良かった…って、新キャラ登場編がコミックの初回版付ODAに収録されるあたりが『絶望先生』らしいというかなんというか。いいのかそれで?

新シリーズがあるのかないのかに関してはいろいろ噂もありますが作品の性格上自虐ネタもあるのでどこまで信憑性があるのやら。シャフトさん的には『化物語』の売れ行きがえらいことになってるのでそっちはそっちで嬉しい悲鳴もあるでしょうが…。
ま、第4期やってほしいですけどね。

海賊王。

 芸能界では言い続けてると夢が叶う(こともある)とはよく聞きますが…声優デビューだけじゃなくて主題歌ゲットって…どんだけ快進撃ですか我がちっちゃいヒトは。ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

…と、喜んではいますが関西はほうそが遅れてるんで今日の分でもまだインペルダウンでバギーと再会してドタバタやってますが。(ノД`)シクシク

まあ先の楽しみと思って耐えます…。


ころもに。


年末まで限定復活している『あやすた』。
文字色を使い分けるフリー掲示板が懐かしいなあ…。
あやすたには出入りしてなかったけど、同じ管理人さんが作った梨華ちゃんサイト『ころもに。』が自分のネット&娘。ヲタ生活の始まりでした。

パソコン手に入れてあれこれいじっていたとき、数ある娘。系サイトの中から、何故か目に留まった『いしころモーニング。』。きれいなデザインに惹かれてふらふらとカキコしたのが全ての始まり。

『Do it! Now』のやぐアイコンと、濃紺の文字が最初の自分のカラーになりました。
いやーいろいろあったなあ…。

なんかいろいろ思い出してしまった…やれやれ。


夢の続き。

 とりあえず原ジャイアンツ日本一おめでとうございます。ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

まあそれはそれとして、以下mixiのページで見た芸能ニュース。


〜俳優の荒木宏文、逢沢りな、加護亜依らが7日、都内で行われた映画『華鬼 三部作』の完成披露試写会の舞台あいさつに登壇した。役衣装のセーラー服姿で登壇した加護は、共演者の村井良大に対し「村井くん、役に入りすぎて、どう対 応すればいいかわからなかった。空気悪くて、やりづらかったです!」と公開ダメ出しで会場の笑いを誘った。〜


いや…別にどうということはないんですけどね。「あいぼんがんばってるなあ」でいいんですけど…個人的に共演者が全部特定ジャンルに引っかかってるんで笑ってしまいました。

理央と楼山早輝と小野寺ユウスケね…ある意味豪華…。

<< | 2/29PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

できるブログ
できるブログ (JUGEMレビュー »)
田口 和裕, できるシリーズ編集部

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode