スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2010.09.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

永遠の語り部。

★本郷猛は改造人間であり、非情の犯罪捜査に挑む彼らは特捜最前線であり、小便小僧だけじゃなく小便少女の像もある。

…5月の『トリビア』SPのナレーションが『彼』でなく大友龍三郎さんだったこと。わざわざ一言のセリフのために藤岡弘、さんを呼んでくるほどの京楽のCMで、なぜか最後の「ショッカー全滅大作戦!!」の声が『彼』でなかったこと。最近の任天堂のCMの声が『彼』でなかったこと…。

ちょっとおかしいとは思っていました。でもまさか…。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070629-00000103-jij-soci

また一人、すばらしい声の持ち主がこの世を去りました。
故芥川隆行さんが時代劇ナレーションにおけるゴッドボイスであるとするなら、現代劇におけるそれは中江真司さんであると、ここで断言してしまいます。ヒーローものであれ刑事ものであれ、その設定が中江さんの硬質なナレーションで語られることによって独特のリアリティを持ち得ていたことに異論はないと思います。

それでいて『トリビア』ではそれを逆手にとって新たな魅力を打ち出していました。もっとも、『ライダー』のパロディだからと当然のように起用された『ノリダー』において、コントの最中に入る「だからどうした!」的なツッコミに酔ったファンには「何を今更」なことだったかもしれませんが。

もっともっと聞いていたかった。残念です。ご冥福をお祈りいたします。


★死して逆賊となろうとも
毎度の聖闘士聖衣神話、今月は前教皇アリエスのシオンの冥衣バージョンです。

OVAと天界編序奏でのキャストはカミーユ・ビダンでおなじみ飛田展男さん。決して悪くはないけど、もし旧TVシリーズ時代だったらもう少しベテランが演じられたかもなあ、と。
どうでもいいですが、連載当時の勝手な脳内キャストは野沢那智さんのイメージでした。対する童虎が富山敬さん。これも実際にやられている堀内賢雄さんに何の問題もないんですけど、強いて言うと老師の声が矢田耕司さんなのでつながんないんですよね。
堀内さんみたいな声の人って年取っても矢田さんみたいな声にならないような気がするので。
ま、所詮妄想ですけど…え?『エリシオン編』アニメ化始動?…ああそうですか(笑)。

スポンサーサイト

  • 2010.09.20 Monday
  • -
  • 00:01
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
歳をとると様々な人やものとの「別れ」が多くなるなぁと最近痛感します。。。
出会えた幸せに感謝したいと思います。
  • ネンドちゃん
  • 2007/07/02 12:35 AM
最近は、自分が子供のころ夢中になっていたものができる限りオリジナルの形を尊重する形で復活したり商品化されたりする機会が増えました。
それはそれで嬉しいのですが、反面そうした作品が最も熱かった70年代の作品の再現は今が最後のチャンスなのかもしれないと、こうした現実に直面すると痛感します。
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/entertainment/death/story/20070702hochi173/
告別式の様子が出てますが、納谷さんの弔辞が胸に迫ります。
  • ナカハム
  • 2007/07/03 1:14 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

できるブログ
できるブログ (JUGEMレビュー »)
田口 和裕, できるシリーズ編集部

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode