スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2010.09.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ミッシングリング。


今日買ったコミックス2冊。

『ライダー』は掲載誌の休刊で移籍&改題して再スタート。ここに来てちょっと時代を戻して2号ライダーの襲名話に。ルリ子さん登場に歓喜。
言われてみれば一文字隼人がなんで改造人間になったかって劇中では全然描かれてませんでした。石ノ森原作と14話劇中の一文字のわずかなセリフと当時の幼年誌の情報を総合して、

『カメラマンだったが本郷ライダーへの対抗兵器として改造。しかし脳改造前に本郷に助けられ、ヨーロッパへショッカーの別計画を追って旅立った本郷の代わりに日本の守りに就いた』

ってことで「ああそうか」とみんな納得してたんですから大らかというか大浦可奈子というか。
んで、そこにどんな物語があったかというのが村枝流解釈で今回描かれております。

わかっていても燃えますね。うんうん、平成の連中にはこういう魂に訴える感覚ないしね。まああっちは好きにやっててください。
巻末の、村枝先生と佐々木剛・千葉治郎両氏のロケ地旅行も感涙。

そういやこのマンガではルリ子さんどうなるのかな…。平山プロデューサーが後に文章化した、『ヨーロッパで本郷が緑川博士の弟子だった青年科学者カールに託した』ってのだけはものすごくイヤなんですけど  (ノ`Д´)ノ彡┻━┻
昭和ライダーの設定上いわゆるハッピーエンドは無理なのは分かりますけど(スーパー1とか見るとそうでもないか?)、それじゃ栄光の初代ヒロインなのになんかね。第一ルリ子さんらしくないし。はてさて…?

『マップス』の方は以前7巻をレビューしましたが、新刊登場。ああ、やっぱリプリリスってリム(の再生体)だったのね。早く元の記憶を取り戻して前作のようなお笑いポジションに戻ってくれると良いのですが。
おお、ラストでリプミラ号登場!ゲンとリプミラの登場はあるのか!期待が膨らむ!…ってWEB連載の方でとっくに結果出てるんでしょうけど…あえて読まずに単行本待つのも手だと思う…けど気になるなあ…!

ってことで今日はι(´Д`υ)アツィーじゃなかった熱いハートに火をつけてくれる寒い時期にオススメのマンガレビューでした。

3.5期ではないみたい。

尼から絶望先生のDVD付き最新刊が届きました。
今回のはアニメ3期『懺』の『番外地』というタイトルなので『獄』のように2.5期というような位置づけではないみたいです。
今回のDVDにはちょうど今回の第19集に収録されている話のアニメ版が2本入ってるのでその意味でも楽しめます。千里の姉・多祢も登場して良かった良かった…って、新キャラ登場編がコミックの初回版付ODAに収録されるあたりが『絶望先生』らしいというかなんというか。いいのかそれで?

新シリーズがあるのかないのかに関してはいろいろ噂もありますが作品の性格上自虐ネタもあるのでどこまで信憑性があるのやら。シャフトさん的には『化物語』の売れ行きがえらいことになってるのでそっちはそっちで嬉しい悲鳴もあるでしょうが…。
ま、第4期やってほしいですけどね。

創作の泉。

 『藤子・F・不二雄大全集』第一期特典の『Fノート』が届きました。



中身の一部はこんな感じ↓



ペン入れかけの没原稿…他にもラフスケッチやら没扉絵やら、貴重な資料が満載。今更ながらこの時代の人たちは凄かった…。

今が悪いってわけじゃないですけど、技術ではなくてイマジネーションの面でそれを超えてるかって言うと…あの頃の遺産で食ってるような部分も少なくないし。
リバイバルブームは別にしてなんだかあちこちのジャンルで40年くらい前の作品の続編だのリメイクだのばっかりやり続けてるの見てるとやっぱり大丈夫なのかなあと。

先人の足跡を文化として残していくことは大事ですけどね。モノ創る人たちはあの頃の人たちと勝負しなくていいのかなーという気も。

ここんとこずーっと考えてる余計な心配でした (´・ω・`)

それよりこの全集、先月発売の『ドラえもん』で『クルパーでんぱ』(初出時)を『おかしなでんぱ』に改題して大ヒンシュク買ってたけど…一期終盤の『ジャングル黒べえ』ちゃんと出してね。

舞台は真の地球へ。

マップス ネクストシート 7 (Flex Comix)
マップス ネクストシート 7 (Flex Comix)
長谷川 裕一

心正しき少年ならば、読んで胸躍らせずにはいられない大宇宙大冒険大活劇健康優良ヒーローお色気コメディー…まあとにかくとても一言では言い表せない(笑)SFマンガ『マップス』。
その続編『ネクストシート』も気がつけばもう7巻である。

前作キャラが大挙登場して盛り上がった前巻の死闘から、いよいよ本格的に物語が動き出す。新たな旅の仲間も加わって舞台は地球へ…といっても一筋縄ではいかないのだけれど。

シアンに次いでリム登場!?…と思ったら別人かい。本物はどこにいるのかなあ。WEB連載の続きも気になる…。

こういう作品こそアニメでも見たいけど、やるなら前作からやらないといけないし、過去の2度のOVA化が中途半端だったからなあ…。

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

できるブログ
できるブログ (JUGEMレビュー »)
田口 和裕, できるシリーズ編集部

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode