スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2010.09.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ころもに。


年末まで限定復活している『あやすた』。
文字色を使い分けるフリー掲示板が懐かしいなあ…。
あやすたには出入りしてなかったけど、同じ管理人さんが作った梨華ちゃんサイト『ころもに。』が自分のネット&娘。ヲタ生活の始まりでした。

パソコン手に入れてあれこれいじっていたとき、数ある娘。系サイトの中から、何故か目に留まった『いしころモーニング。』。きれいなデザインに惹かれてふらふらとカキコしたのが全ての始まり。

『Do it! Now』のやぐアイコンと、濃紺の文字が最初の自分のカラーになりました。
いやーいろいろあったなあ…。

なんかいろいろ思い出してしまった…やれやれ。


シュレディンガーのごま。

先日から部屋の大掃除にかかっているのですが…昨日本棚の裏に落ちていたビニール袋から発見されたものは…、

あら懐かしいポッカのごま缶。
あー、これ探して近所のスーパーハシゴしたなあ…ってそういう話ではなくて。

問題は未開封 Σ(゚д゚lll)だったことでして。えー缶底の日付は…あはは、5年半も経ってる。

いや待て、このまま開けなければ、『奇跡的にまだ美味しく飲めるコーヒー』と、『中で何か新しい生命が誕生しているコーヒー  (;´Д`)』が並行世界に存在し続ける…わけもなく、台所で開けて流しましたけどね(笑)

覚悟して開けましたが乳成分がちょっと固まって最初に少し出てきただけΣ(゚Д゚;で匂いも普通のコーヒーでした…。結局洗って缶は残すあたりが所詮ヲタ(´▽`*)

皆さんもコンサグッズの飲食物は早めに処理しましょう…エヴァ缶とかエライことになってる人絶対いるはず…使徒が生まれてるんじゃないかなあ。

メイク レジェンド。

…と言っても巨人の話じゃありません。
10日に出た裕子りん(笑)のメガベストのタイトルが『Legend』なのです。

Legend
中澤裕子,中澤ゆうこ,高山厳


こういう商品が出るとき、意外と…って言っちゃいけないけど姐さんのって結構“買い”なんですよ、他の商品と比べて。
元々姐さん単独の商品展開がそれほど多くなかったから、っていうのもありますが、まとまったときにお得感があるのです。

で、今回他の商品同様全シングルと全PVのセットなわけですが…ちょっと待て、『元気のない日の子守唄』『長良川の晴れ』は当時両A面のくせにPV作られてないって言ってたじゃないか!自分の当時のブログにもそう書いてあるぞ…わけわかりません。が、まあ当時見られなかったものも見られるんだからいいか。
この2曲はPVが互いに関連のある構成になってまして、『元気〜』の方で裕ちゃんは公園の花屋で花を買うのですが、『長良川〜』を見るとその花屋が裕ちゃんで、そちらの視点で見た映像になってます。おまけに映像自体は『長良川〜』の方が凝ってたりします。いやいやどうして、ちゃんとしたPVでした。

『カラスの女房』で始まって『だんな様』で終わるってのも上手くオチてていいですね、偶然ですが。
DVDもおまけ映像がファーストコンサの『カラス』(伝説のオケ停止事件のやつ)と卒コンの『恋の記憶』ってのはいいなあ。
やっぱお得です、このアルバム。



ちゃんとハロプロ。(その1)

ちゃんとってこともないですが、たまには真面目に書かないとね。
と言ってもこっちじゃ『やぐちひとり』は復活しないし『ハロモ二@』はガキカメ芸術劇場が大好きですけど1ヶ月以上遅れてるし、最近現場はごぶさただし、京都のハロショはいつの間にかなくなったしで、テレビ出演ネタぐらいしかないわけですが。

『ダウンタウンDX』(6月12日)
まりころコンビ+ムサシ隊員+藤本…美貴じゃなくてフジモン。
まあ目眩しそうな杉浦家の内装は無視して、まりころってあまり多くない取り合わせなんで面白かったです。インディアン娘。なやぐがカワイイ。
キモかろうがドサクサ紛れに手を握ろうがフジモンには腹立たないや。ある意味羨ましいだけ(笑)。
それだけいろんなことが立て続けに起こりすぎた…フジモンの言ったことってファンの本音ですしね。うん、よく言った。
ひざをペチペチ叩くころちゃんの癖ってのは、まだまだアイドルっぽくて(?)いいですね。

『福祉ネットワーク』(6月9日〜12日)
パラリンピック出場選手を紹介するこの番組には2回目の起用のやぐ。相変わらずNHKとは太いパイプがあると見え。いまどき恐ろしく画質が悪い番組なんですが、まあ致し方ないところでしょうか。無難にアシをこなしておりました。
やぐの場合この調子で『BSアニメ夜話』あたりに呼んでやるといい仕事しまっせ、ダンナ。

雑誌『HYPER HOBBY plus vol.4』
事前情報がなかったので本屋で立ち読みしてびっくり。カラー4Pもやぐが載ってるとは。しかしコーナー名が『センチメンタルおもちゃ好き』だったり、やぐのこと『やぐっつぁん』って書いてたり、そうとうの好き者が編集部にいるな(笑)。
そういえばなぜか模型雑誌の編集後記にはハロネタを書くヲタがいる。『HOBBY JAPAN』にもいたし、どちらかというと硬派なスケールモデラー向けの『MODEL ART』にも…こちらは度重なるスキャンダルにそうとう立腹してたっけ。気持ちは分かる、と思いながら読んでました。最近は同じ人はまだいるようですがハロネタを書かなくなりました。こういうファンに見放されないようにすることは大事だと思うんですけど…。


とにかく嬉しい。

まあ、あれですよ。
深く考えりゃいろいろありますけど、やっぱり元気な本人の“現在”を映像と肉声で知ることができたってのは、単純に言って嬉しいんです。

前にも書きましたが自分の中の個人的な社会的規範や道徳基準に照らせば、正直元相方や二代目・五代目総長の行動の方がバツなんで。もちろん本人以外の関係者も含めて、ですが。

何はともあれ、自分はまだまだ静観はしつつも彼女のこれからを応援していきます。まあ願わくばハローでも彼女の足跡が蔵出しOKな方向に行けばいいなと思います。



…ってこのインタ放送された日のいいともって彩っぺがテレフォンのゲストだったのね(笑)


ありがとうKBS京都。

今週は月曜から『ごきげんよう』にやぐが出演してたので、『銭湯の娘!?』以来久々に昼1時台の幸福を味わっておりました。


おまけに今週から火曜『ちちんぷいぷい』に舞台を終えた裕ちゃん(自分にとって“ゆうちゃん”と言ったらこの方しかいません!)が復帰。


しかもこの日はMBSの外に出て新曲『うらら』の宣伝。PVも一部流れましたがしっとりいい感じです。

ま、イベントの宣伝もあるんですが…平日夕方に大阪の日本橋なんて行ってられません(ノ_<。)うっうっうっ。

永井龍雲さんで来ましたか…なかなかいい感じなんですよね…外注路線は基本的に歓迎してるので嬉しいです。サビの部分の詞はちょっと寺田センスに近いですけど(笑)。

ジャケも普通ですけど良いです。最近のハローの幸田さん路線はちょっと嫌なので…。C/Wの『六月の花嫁にあこがれ』も気になるタイトルだなーと思ってるんですが…。

で、もう一つ嬉しいことには!ついに関西でも!『やぐちひとり』が始まるのだああああああああああああああああ!!!!!!!!!!
10/2、月曜22時からKBS京都で!
ありがとうKBS、ありがとう京都、矢口をありがとう!
また一つ、人生の楽しみが増えました…!

そろそろこれもリンク貼っとこ。
歌手矢口真里さん復帰署名
第1回の提出報告が載ってます。前のときもそうでしたが真摯に対応してくれてるのは嬉しいですね。

グッバイ太陽娘。

噂では聞いてたんですけど、逗子のSubmarine Dogがいよいよ本当に閉店だとか。
7月23日ってこんこんのラストと一緒じゃないですか。まあこんこんには全く関係ないんですけど(笑)。

んー、今こんな話題出しても分かってくれる人少ないんだよね。また一つ明日香の思い出が…(泣)。

ASAYAN@NHK。(みくしぃコピー)

なんかこういう感じ、非常に懐かしいような…。
やっぱ娘。にはこういう舞台というか広報活動が必要なのかも。まあ一応『娘。DOKYU!』はそうなんですけど放送地域が狭すぎて、まったくファン層拡大に貢献してませんし。

30日の番組もそうですが、これだけドキュメンタリックに娘。を扱った番組も久々に見ますし、19人ラブマ企画も含めてこれだけでもNHKには感謝ですね。

もう夏先生の言葉に裕ちゃん並に号泣ですよ。

「気合入れとこうかなと思います。

今日の日があるっていうことは、この19人の中の1人でも欠けてたら無いんだよ。それって凄いと思わない?

中澤と飯田と安倍が作り上げなかったら、無かった。
途中で矢口や保田や、後藤が支えなかったら、(無かった。
辻・加護と、石川・吉澤がさらにそれを続けていかなかったら、無かった。)」【※( )内ナレーション被りで聞き取りにくいのが残念!】

「今日大好きな歌と大好きなパフォーマンスを精一杯やりきればいい。
19人じゃなきゃ出来ない最高のパフォーマンスを、最高のLOVEマシーンを、今最高に輝いているモーニング娘。を必ず見せるように。いいね!」


番組冒頭の同じシーンではまたちょっと違う言葉の流れだったんで、ちょこちょこ編集されてるんでしょうが…本当に、夏先生は偉大です。

「いくよー。頑張っていきまーっ」
「しょーーーーーい!!!!!」
夏先生の音頭で決めた20人の「しょい」。
裕ちゃんからくっすんまで、ただただ、最高でした。
心が折れそうになることも何度となくありましたけど、娘。のファンで本当に良かったと思います。感謝。

これ見て卒メンVS現メン論争とか始めてる人たちって一体…。

週末のまとめ。

どーも、金色のMSに乗る赤い彗星に狙われている気がする今日この頃です(謎)。

さて、この週末ハロメンはハロコンもないのに大挙大阪に来襲していきましたが、普段干され気味の関西ヲタとしては嬉しいことも多く、一応まとめてみます。といっても在宅でTVチェックにいそしんでたわけですが。

★29日(金)
昼、毎日放送『っちゅ〜ねん!』は圭ちゃんが隔週レギュラーの当たり週のため出演。
夕方、読売テレビ『わくわく宝島SP』に美勇伝。大阪天保山で開催される同局のイベント初日。ころちゃんはスタジオゲストでクイズに参加。あややが『実は関西人』という声当てクイズにVTR出演。ころちゃん正解(笑)。岡Πさんとみーよは歌のみ。ところでこの会場ハロショが出店して限定写真売ってるんですね…。
ちなみに関西テレビではこれに被る時間にやぐ出演の『ネプリーグ』が1ヵ月半遅れで放送。どっちも外せないので大変。
(〜^◇^)<「みずほなんです、私は!」
は名言(笑)。
夜、『Mステ』に本隊。てことはよしこやミキティ・こんこんらガッタスメンは夜もしくは朝イチで大阪入りか…大変だ。

★30日(土)
朝、毎日放送系『知っとこ!』に裕ちゃん・圭ちゃん・ころ・のので出演。なんかすっかりなじんで見てたけど全員OGなんですよね。
で、奇跡が起きましたねえ(笑)。


チャーミーマウスキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!


ティアラとヴェールがキャワ♪

この後の裕ちゃんマウスもキャワなんですけどね。

この番組の後、今度は大阪城で開催される毎日放送イベント『オーサカキング』オープニング特番(7時間半!)に裕ちゃん団長率いるガッタスが出演。宿敵カレッツァに2−0のビハインドから追いつきPKの末に撃破、見事優勝しました。相手のシュート2本を止めたののがカッコイイですねえ。

この日の『わくわく宝島』はやぐがゲスト。当たり前だけど歌が無いのでちょっと残念。

★31日(日)
大阪の『ハロモニ』はダメダメなので置いといて、今日の『わくわく宝島』は裕ちゃん&ごっちん。『実は関西人』クイズはあいぼん。まったり関西弁がキャワ♪
ところで関西だけのせいかあんまり話題にならなかったけど、今日のこの番組の『中澤&後藤と一緒にラブマを歌おう』ってスゴイ企画だと思いません?だって審査に残ればこの2人とステージでラブマ歌って踊れるんですよ?それって歌の間だけ娘。になれるってことじゃないですか。結局4人(♂2・♀2)が選ばれ後半で披露。結構ヌルい振りコピでしたケド…あんまヲタヲタしくはなかったかな。
今日はそれ以外では『平成教育予備校』に圭ちゃん。アヤパンにやぐと同じ成績(1問)だと言われてリベンジを誓う(笑)。

ま、いつもよりハロメンが見られて楽しかったです。


【追記】
★電車男
OPに使われてる『Twilight』(Electric Light Orchestra)が話題になってますが、これ実は結構マニアックな選曲でして…まあ今更いわなくても大分騒がれてるみたいですけど…。もちろんもともと有名な曲なのですが、1983年に大阪で開催された日本SF大会・通称『DAICON 検戮粒会式イベント用オープニングアニメのBGMに使われたために当時そっち方面で大いに話題になった曲なのです。会場が大阪厚生年金大ホールだったっていうのがなんともはや(笑)。つーか『電車男』のOP映像もしっかりそれのパロディだし。オタクが主人公の作品だけに狙ったんでしょうね…世代的に違いすぎますけども。
上記のアニメについての詳細はこちらを。一応サンプル見られるんですけど版権の問題か古今東西のSF・特撮・アニメキャラが大挙登場する肝心のパロディ部分がすっぽり抜けてます。なのでここはアンオフィな分析に頼るしかありません。
当時…というかその2年前の『DAICON 掘戮了に為替も振替もよく知らないくせに雑誌の特集を頼りにビデオの通販(大会の赤字補填のために実行委員会が販売したのです)を申し込んだのでした(笑)。いい機会だからそろそろDVDコンバートしようか…。

やぐイベ総括。

仮更新

| 1/3PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

できるブログ
できるブログ (JUGEMレビュー »)
田口 和裕, できるシリーズ編集部

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode